スマートフォンの普及率上昇の理由

従来型の携帯電話のフィーチャーフォンの種類は少しずつ減少しています。代わりに高機能型の携帯電話であるスマートフォンが流行しているからです。しかし全てのユーザーがスマートフォンを多用しているわけではありません。機能が豊富過ぎて使いこなすためには知識が必要だからです。ツールの使用方法を覚えるための勉強を嫌う人は確実に存在しているため、スマートフォンは完全に需要を満たしているとは言えません。それにも関わらずスマホが利用されている事には大きな理由があります。まず一つ目にスマホにも機能を限定した機種が登場している事です。格安スマホと呼ばれている機種で、従来型の携帯電話で十分な人が愛用しています。そしてフィーチャーフォンの使用が減少している2つ目の理由は、回線サービスがスマートフォンとフィーチャーフォンは異なるからです。携帯電話は回線サービスが安定供給されているから利用出来ます。仮に携帯電話だけを持っていても、通信回線業者のサービスがストップするとインストールされているソフトしか利用出来ません。回線サービスは携帯電話を大きく支える存在である事は間違いないのです。そして回線サービスの提供は経費が発生します。減少するフィーチャーフォンの利用者に対して、回線サービスを永遠に供給していると利益を得られなくなるのです。それを回避するためにスマホの回線サービスを充実させ、従来型の携帯電話のサービスを少しずつ縮小しています。その影響を最も大きく受けるのはフィーチャーフォンを愛用する人の財布です。サービスの品質の低下とは内容だけとは限らず、場合によっては価格面も是正されます。少ないユーザーで回線サービスを維持するなら当然の状況です。回線サービスの状況はユーザー側でも認知するようになっており、将来を見越した利用者がスマホに機種変更しています。今後はこの動きが加速する事で、利用者の大半がスマホを所持するようになるのは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加