私のおすすめスマホゲー 一覧

21世紀の10年代はラブライブ覇権の時代となりました

私はスマホゲームのラブライブが大好きです。暇さえあればゲームをしておりネットでも情報を集めてます。ラブカストーン 850個無料配布と聞けば即試したりしたものです。そんな私ですがこのあいだニューヨークを旅行した際にはアメリカ人から「ラブライブ!」と声をかけられたことにはたいそう驚きました。話してみると、彼もこのゲームをプレイしており、アメリカ人のあいだでもμ’sのキャラクターたちは大変な人気を博しているそうです。これまで日本国内ローカルのキャラクターだと思っていたμ’sが、実はワールドワイドな人気者であることを知って、ラブライバーの端くれとしてはとてもうれしく思っています。

ラブライブが世界的な人気ゲームになれたのも、まずはその楽曲の素晴らしさが要因なのではないでしょうか?私はこのゲームをプレイするまえでは、美少女ゲームというものを敬遠していました。しかし、仕事の都合でどうしてもこのゲームについて調べる必要があったため、一度プレイしてみることになったのですが、その際に一発で魅了されてしまい、それ以来私は暇さえあればこのゲームをプレイするようになってしまいました。今でも、あの日はじめて「もぎゅっとラブで接近中!」を聞いたときの衝撃を忘れません。あれぞ邂逅と呼ぶべき瞬間だったと思います。あの印象的なイントロが流れだした途端、歓喜のあまり身震いしてしまったのです。かつてこんなにも軽快なポップソングがあったでしょうか?これほどのクオリティを誇る楽曲であれば、言語の壁さえ乗り越えて、世界中でヒットしてしまうのも頷けます。

おそらくラブライブはこれからも益々人気を拡大していくことでしょう。もはや、このゲームに限界はないようにすら思えてきます。毎月のように新しい楽曲が追加されては、そのたびごとに名曲であるのですから、ファンは一向に飽きることができません。それどころか、より一層このゲームの魅力にはまりこんでいってしまうのです。後世の歴史家はいずれ10年代をラブライブの時代と振り返ることになるかもしれません。そんな言辞も決して大袈裟ではないほど、このゲームは世界中の人々の心を掴んで離さないのです。


遊べる要素満載で素直に楽しめるヴァリアントナイツ

ヴァリアントナイツをプレイしてみるといいとこどりで育成を楽しむのがメインの良作といえるゲームだなと感じました。ソーシャルゲームならではの協力プレイなども楽しめますし、何より大きいと感じたのが体力システムが搭載されていないので、時間をかけてもいいですし合間にちょっとプレイするだけでもかなり遊びやすくなっているのでしっかりとしたゲームのような感覚で楽しめています。

ソーシャルゲーで育成メインかと思っていたらヴァリアントナイツもしっかりと王道の内容をとらえていてファンタジー世界を舞台に冒険をするという流れですが出てくる立ち絵はアニメを見ているように綺麗になっているのでシンプルながらも内容にもすんなりと感情移入しやすくできているので進めるのも楽しくなっています。

バトルもオートなのですがスキルを使えるようになっているので、戦闘画面を見てタイミングを見極めながら上手く発動させるという形でだれることもなく遊べるので、見ているだけではなく軍師のような感覚で、戦闘を楽しめています。ヴァリナイ 魔石があれば武器やキャラをガチャを回して手に入れることができるので飽きないですね。

またヴァリアントナイツの戦闘はフリック入力で対応していて簡単に操作もできますし、何より敵も味方もみんな動きまくっているので見ていてもワクワクしてきますし、スキルを打つ時に奥義という物があるのですがカットインが入りかっこよく絵も綺麗なのでさらにり究極奥義という物を発動させると超必殺技という形で先頭に参加してるキャラ全員のカットインが入り、思っているよりもド派手で合間にこういった演出で楽しませてくれます

。声優も参加されていてユーザー同士の協力プレイもチャットやスタンプも活用してまったりとした雰囲気ながらも楽しく盛り上がっています。スタミナの設定がないので自分の気が済むまで、経験値を貯めてレベル上げをしながら、友達と並んでワイワイしているという表現がぴったりです。ゲーム攻略にスタミナ消費がないですし、武器強化という好きなように強くするという要素で楽しめる環境が揃っているのでRPGとしてはかなり楽しめています。


可愛いディズニーキャラをスワイプする

ディズニーのキャラクターの可愛いゲームがプレイしたくってインストールしたのがディズニー ツムツムです。スワイプしてつなげて消すという至って簡単なアクションのゲームですが、なんともプレイしだすと奥の深さを感じますね。LINEゲームは他にもプレイしていますが、同じLINEに登録している友達同士でランキングを見ることができますので、友達との話題にも上がったりします。
ツムツムはキャラクターの可愛いさからグッズも販売されていますね。先日手芸店へ行ったらツムツム柄の可愛い生地が売っていたので思わず購入してしまいました。今子どもが喜んで学校に持って行っています。子どもたちもこのディズニー ツムツムが大好きで、プレイしているとこの軽快な音楽ですぐにばれてしまいます。取り合いして遊んでしまうので困ったものですね。
プレイするとディズニーキャラのデフォルメされた丸い顔がぷにぷにと画面の中で揺れています。指でスワイプしてつなげていくと消えてまた上からツムが落ちてきます。とってもシンプルな操作なので空き時間に遊ぶにはぴったりです。そのぷにっとしたフォルムがなんともいえない可愛いらしさですね。
ハートが5つしかありませんので連続でプレイしたとしても5回までしかプレイできません。熱中しすぎると目が疲れてしまうのでちょうどいいくらいです。
プレイするごとにコインが貯まっていき、そのコインで新しいツムのBOXを購入することができます。期間限定のツムを狙ってBOXを購入しますが、なかなか手に入らなくてつい課金したくなっちゃいますね。貰ったツムはプレイするごとに経験値が貯まってレベルアップしていきます。強いツムを手に入れればゲームを有利に進めることが出来て高得点も出せるのでツム集めはどんどんヒートアップしてしまいますね。
単に同じようなゲームをプレイするだけではここまでやりこむことはないのではないでしょうか。ツムを集めてレベルアップして、そうすることで自分のレベルもアップして高得点を出す、このシステムがみんながディズニー ツムツムに熱中してしまう理由のひとつになっていますね。。実はツムツムルビー スクラッチキャンペーンでルビーを無料で大量にゲットする事もできるようですが今のところ試してないです。しかしもし本当にルビーが大量にゲットできたらハートに困ることないのでずっとゲームしちゃいそうでちょっと怖いですね(笑)


入浴しながら楽しむスマートフォンゲームのよさ

ハイスペックなスマートフォンがほしいといつも思っていました。
現在持っている古い型落ちのスマートフォンでは、ゲームをしていると固まってしまうんですよね。
最初はいい感じに動いていても激しい動きになると固まったり、遅くなるので、とてもストレスだったのです。
ただ、最新のスマートフォンといってもパソコンよりもある意味高価なものなので、購入するにしてもお金が必要です。
分割で購入する形になっても自分の趣味として楽しめるのだから、と考えて、結局買ってしまいました。
どうせなら話題のスマートフォンがいいだろうと考えてみたものの、お風呂の中でも使用したかったので防水タイプにしました。
防水といってもお湯の中に入れるわけではないので大丈夫です。
その分価格は高くなるかもしれませんが、安心料と思えば安いものかもしれません。
こうして防水タイプのスマートフォンを購入して以来、スマートフォンのゲームをお風呂でプレイしています。
お風呂でアクションゲームをやるなんてなんて幸せなんでしょうか。最近だとブリーチのゲーム『ブレソル』をやってます。ブレソル ガチャ 増殖の方法をしってからはお風呂がさらに長くなりました(笑)
ゆっくりと長湯をしながらゲームで遊べるのは女性ならではかもしれません。
汗を出すことで美容と健康のためにもなるし、ゲームも捗るしで一石二鳥です。
うまくいけば体重も少しぐらいは減ってくれればと計画中ですが、果たしてどうなることやらわかりません。
たまにはインターネットをすることもありますが、基本的にはゲームを楽しんでいます。
今までストレスを感じていただけに好きなように遊べるハイスペックな端末にはとても魅力を感じているのでした。
多分2年ぐらいは機種変更もせずに使う予定ですが、またいいものが出れば購入してしまうでしょう。
1度入浴をしながらゲームの楽しさを知ってしまったので、きっととことん突き詰めていくと思っています。
家族も一緒に住んでいないので長風呂をしても誰も文句をいわないので助かっています。
実家に住んでいた時にはできなかった社会人ならではの楽しみを満喫しつつ、ゲームの攻略にも力を入れている秋の空なのでした。


白猫プロジェクトを絶賛したいと思います

白猫プロジェクトは絶賛されておりまして、この点については、CMなどでも連日連夜流されておりますから、絶賛しない人を探す方が難しいように思われるものの、屋上屋を重ねるようではありますが、私自身といたしましても絶賛いたしたいと思います。素晴らしいものを素晴らしいと言えるということは実に幸せなことではないでしょうか。
この世の中には悲惨なことがたくさんあり、そのような悲惨さを一身に背負った土地があります。独裁者に不幸にして支配されているような国はそうでありましょう。そのような国におきましては、素晴らしいものを素晴らしいということができないのであります。もちろん、酷いものを酷いという自由の方がより制限されているのかもしれず、この点については、明らかにそうであると言わなければなりませんが。
しかし、白猫プロジェクトは、そのような独裁国の君主であっても、プレイしてみれば面白いと感じるということは明らかではないでしょうか。スマホゲームと言いますのは、本当に粒ぞろいであり、ゲーム業界を牽引することになったというのは十分に理解できるところではないでしょうか。
ゲームの面白さは和製RPGとかにもあったものの、そのようなものはもはや名作が作られる余地がほとんどなくなってきましたが、和製のスマホゲームは決してそうではありません。この先名作はいくらでも作られるでしょう。しかし、そうは言いましても、白猫プロジェクトを超えるということは、ほとんど不可能なのではないでしょうか。
越えがたい壁があるからこそ、人は越えようとするものでありますが、ジェリコの壁のように越えられない壁というものもあるのではないでしょうか。私たちは、そういう壁のようなものを持っていた方がいいのではないかと思われます。村上春樹の作品などでも壁は越えがたいものでした。しかし、もちろん、超えようとする努力を惜しんではならないでしょうし、実際惜しむ人もいないでしょう。


スマートフォンでゲームされますか?

みなさんはスマートフォンを使ってゲームをされますか?
私は最近夢中になっているゲームがあります、それはマーチオブエンパイアという作品です。
スマホのゲームというとアングリーバードやTemple Runのような単純なゲームばかりだと思っていたのですが(どちらもとても面白い作品です)
このマーチオブエンパイアという作品はとてもクオリティの高い作品で、こんな作品をスマホでプレイできてしまうことがとてもびっくり。
いやーいい時代になったもんですね。

この作品、まずキャラクターデザインなどがとても恰好が良くて、見ているだけでも飽きません。
最近のゲームって萌え萌えしたキャラクターばかりが出てきて食傷気味だったのですが、このゲームは硬派なキャラクターばかり。
硬派なキャラクターばかりのゲームって逆に新鮮に映ります、やっぱりゲームはこうじゃなくちゃ。

肝心のゲーム内容も素晴らしいものです、プレイヤーは自分の王国を巨大化させていくことを目的とします。
巨大化するためには、ほかのプレイヤーが運営する王国を征服したりする必要があるのですが、その際には戦争をする必要があります。
この戦争がこのゲームのキモになるのですが、とても戦略的で頭を使うんですね。
まるで将棋をやっているような気分になってしまうほどです。

ほかにも戦争の際には他のプレイヤーと同盟を組んだりというような外交を行うのですが、これもまた面白い。
外交関係というのはそのまま人間関係と置き換えても良いほどで、ちょっとした言動が元になって戦争になったりもするんですね。
基本的に同盟は利害の一致によって成立していくわけですが、このような人間関係の破たんによって同盟が破たんしたりもするわけです。
色々な人の外交を見ていると、この外交テクニックは人間関係にも応用できるなーと舌を巻いてしまうほどです。
今までスマートフォンでゲームをやったことがない方も、いろいろなゲームがありますので是非試してみると良いと思いますよ!