スマホゲー関連記事 一覧

モンスターハンターエクスプロアでは割れた石版を集めたい

魅力的なモンスターハンター エクスプロアにはハンターが沢山出てきます。そのハンターはとっても長い先端の尖がった弓を持っているものがいます。今にも刺されたら大変という感じです。でも、それですっごい大きなモンスターをバッサバッサと倒せるのですから良いなと思います。

ランスを装備しているモンスターも登場します。虫のような感じの見た目で、そこがとってもユニークな装備です。

モンスターハンター エクスプロアには、長くて太い刀を装備しているものもいます。忍者のように細い体で、しかも背中にはすっごい長くて格好良い刀のようなものを背負っています。静かに佇むその姿は、まるで影の人なのです。影にひっそりといては、敵がきたら凄い速さでバッサバッサと倒しそうです。なんとも身軽で、しかも格好良いハンターです。

大きな斧を持っているようなハンターもいます。大剣で、柄の部分がとっても長くて大きいのです。まるで、恐竜の尻尾のような感じの見た目がおしゃれです。ポージングがとても格好良く、キメ顔が素敵です。そんなハンターも疲れます。疲れた時には青い海が広がる景色が美しいマラクジャ島でその疲れを癒すのです。質素な生活をしては、その島に住むハンターなのです。コンティニューに必要なモンハン エクスプロア 狩り玉を無料でゲットしておくのも大事です。

モンスターハンター エクスプロアでは、探検をするのが大切です。その探検をする前に立ちはだかるのが数々のモンスターなのです。そのモンスター達は実に格好良く、強いです。どこから飛び出るかが分からないだけに、まるでお化け屋敷のような興奮を味わえます。頑張って突き進めば、古代の石版などを集めることができます。

その古代の石版はみな割れています。割れているものを集めるのが1つのテーマでもあります。その割れた石版には模様が描かれています。その模様を組み合わせるのも立派な仕事でもあります。割れているからこそ謎は深まります。でも、その謎を解き明かした時、島には幸福が齎されるのです。

とにかく秘宝を集め、色々な世界に飛び込むのが面白いゲームです。


反抗期の息子との会話の糸口となるものとは

我が家には中学生の息子がいます。
中学生になると反抗期がひどいよと先輩ママから聞いていたので戦々恐々としていたのですが、中学校に入学しても多少反抗する面はあるものの、私が想像していたような大きなものではありませんでした。

でも、徐々にではありますが反抗期特有の言葉遣いや雰囲気が漂い始めてきました。
例えば話しかけてもほとんど何も答えなかったり、自室にこもることが多くなったり、イライラした態度を隠すことなく私たちにぶつけてくるようになりました。

中学生になりスマートフォンを持つようになったのですが、ほとんど手放さず、たまにリビングのソファでのんびりしていると思うと、大体スマートフォンのゲームを楽しんでいる始末です。

そういえば私も昔はゲームが好きだったな。そんな記憶がふと蘇りました。
私もスマートフォンを使用しているのですが、それほど使いこなしているというわけではなく、実用的なアプリしかダウンロードしていません。
子どもとの共通の趣味のようなものを持てば、会話を続けるきっかけになるのではないかと思い、子どもがダウンロードしているゲームアプリをダウンロードしてみることにしました。

やり始めると、子どもが夢中になるということがわかりました。大人の私も時間を忘れて没頭してしまうことがあるくらい楽しいんです。
子どもとの会話のきっかけとして始めたスマートフォンのゲームですが、すっかり私がハマってしまったというわけです。

でも、息子の態度が変わったんです。
私はリビングで黙々とゲームをしていることが多いのですが、そんな私のそばに近寄りアドバイスをしてきたりするんです。
息子の方が格段にレベルが上だし知識も豊富なので、このチーム編成では勝てないなどと言ってチーム編成もしてくれるのですが、確かに息子の作ってくれたチームの活躍ぶりはすごいんです。

スマートフォンのゲームアプリという些細なことがきっかけですが、反抗期の息子との会話の糸口となり、反抗期ながらも会話も増えたように思います。


つい夜更かししてしまう原因はコレ

最近朝起きた時に睡魔が強くてたまりません。しっかりと睡眠をとったはずなんですがね。眠いんですよ。なんで最近急に寝つきや寝起きが悪くなったのかなって考えてみました。するとある事がひっかかりました。
それはスマートフォンのゲームにハマってしまい、気づいたら数時間以上スマホに向かっているという事です。私がゲームにハマるなんて思っても居なかったのですが。一度ハマるとしばらくそればかりに熱中してしまうという性分ですので、スマホゲームもそんな感じで無意識にのめり込んでいるのかもしれません。
スマホゲームをするとつい夜更かししちゃうのって、体のしくみ的にも説明がつくようです。どうやらスマホの画面から出るブルーライトが脳を刺激して、眠くなりにくくしているようなんですよね。
そういえば読書にハマっていた時は、気づいたら寝てしまって朝になっていた時が何度もありました。あれは本だったから、眠気が来ると自然にそのまま寝付く事が出来たのでしょうね。本からはブルーライトは出ませんし。もしスマホから出るブルーライトが眠り辛くなるという作用が無ければ、本来であればゲームの途中でそのまま寝てしまうという現象が起きるのかもしれませんね。
最初から最後まで無料で楽しめるゲームも多くて、私もついつい色々なゲームをダウンロードして楽しんでいました。ですが睡眠の質を考えると、夜寝る直前のゲームよりも朝早起きしてその時間にプレイした方がいいのかなと思います。仕事の前にスマホをいじると遅刻しないかなって心配ではありますが。そこはタイマーをセットして遅刻をしないように注意するようにします。
次の日仕事が休みという日に限っては、夜更かししてもいいかなとは思っています。休みの前日も含めて楽しい休日というイメージですからね。
子供の頃は夜更かしして朝どんなに眠くても、朝ご飯を食べたら頭が冴えたのですが。学校に着くと朝あれだけ眠たかったのが嘘だったかのようでした。子供の時は夜更かししても元気だったけれど、大人になるとしっかりと夜は寝ないと体が持ちませんね。
スマホゲームと上手く付き合って、睡眠の質を高めていきたいと思います。


SNSのつながりから教えてもらったゲーム

私は毎日のようにSNSを活用しています。SNSの良いところは、他のユーザーとの交流にあると考えているのですが、それに加えてゲームや映画、音楽といった最新のエンターテインメント情報をいち早くシェアできる部分にも私は常々すこぶる魅力を感じています。
先日も、とあるSNSで以前から交流のあるネット上の友人から、新作のスマホゲームについての情報を教えてもらいました。その友人はそもそもスマートフォンのアプリ開発を職業にしている人物で、仕事柄この手のネタの入手は一般人である私たちよりもかなり早いらしく、情報解禁日になるといつもオススメをSNS上のコメントなりメッセージなりを使って仲間たちに発信してくれるのです。
今回も前々からずっと気になっていたスマートフォンのゲームの新作リリースについての詳細が伝えられました。友人いわく、これは大当たりだから必ずダウンロードするようにとのことでした。この友人がこういう表現をする時は、間違いなく面白いゲームであった時だけです。自らもアプリ開発に携わっているからか、つまらないものに対しては非常に厳しく、はっきりとスルーした方がいいと言ってくれます。
なので、このゲームに関してはリリースされたその当日に、しっかりとダウンロードとインストールを行い、すぐさま試しに一度プレイしてみました。こんな時、本当にスマホは重宝するなと感じます。ハード機を使うソフトの場合、たとえ入手したとしても、当然自宅に帰るまで実質的にゲームをプレイすることができませんから、気ばかりが逸ってしまいます。しかし、スマートフォンならばそれこそ帰りの電車の中でも、他の乗客の負担にならないようにマナーさえ順守すれば普通にプレイすることが叶います。
早速遊んでみて抱いた感想は、とんでもなく面白いという賛辞でした。やはりあの友人の審美眼は確かです。帰宅後も結構な時間に渡ってプレイしてしまいましたが、一向に飽きません。しばらくはこのゲーム三昧の毎日が送れそうです。


スマホゲーにトリコはまだこないのかね?

スマートフォンのゲームアプリには、漫画が原作となっているタイトルもたくさんサービス開始されていますよね?私が好きな漫画でもないんですが、気になっているタイトルに島袋光年が書いている「世紀末リーダー伝たけし!」に続く迷作、「トリコ」があります。世紀末リーダー伝たけし!は島袋光年の不祥事により、結末を迎えないまま悲劇の終劇となりましたが、トリコはそんなことはなく、トントン拍子にストーリーが進んでいる感じがありますね。

トリコといえば、他のゲームでもトリコってありますよね。プレイステーション4でリリース予定の国産大作タイトルとして期待を集めていますが、私が求めているのはそういうものではないです。家庭用の据え置き型ゲーム機じゃなくてスマートフォン程度の片手間で遊べるゲームアプリで十分です。ただ、なんというかあの独特のバトル展開をゲームアプリにも落とし込んでほしいんですよね。トリコの3連釘パンチとかが、パワーアップすることで10連くじパンチになったりすると目頭が熱くなってきても不自然じゃないですからね。

ココの性格はともかく、毒という要素が気に入らないため却下しつつも、美しい感じのロン毛ヤローはキャラクターが面白いんで、動かしてみたいなって気もします。戦う相手だって、レベルの高い生態系のみならず、美食會というクセのあるメンツもいるし、うまく島袋光年のキャラクターを活かせたら、相当面白いゲームに仕上がる気がするんだけど、どうでしょうかね?

ゲームジャンルでいったら、やっぱりロールプレイングゲームがいいかもしれないですね。ただ、ブレイブフロンティアみたいに、ちょっとしたアクションゲームでド派手な必殺技のカットインとかを活かした技ありゲームでも面白いかもしれないです。トリコは老若男女にウケるというイメージは絵的にないんですが、それなりに小さい子から大きい子まで楽しんで見ているようなので、いかがでしょうか?


祖母がはまったスマートフォンのゲームについて

この頃、祖母がスマートフォンを購入しました。
普段孫たちとの連絡をスムーズに取る目的で購入してみたんですが、祖母は結構新しいことにもやる気を出すタイプなんですよね。
教えてもいないのに自分でスマートフォンのゲームをダウンロードして、好きなものをプレイしています。
好きなジャンルはパズルだそうで脳内トレーニングの意義もあるのでしょう。
私も同じスマートフォンのゲームをやっているので得点を競争していますが、1度も勝てたことがないのです。
初心者のはずの祖母に負けるなんて意外な展開でもありますが、こればっかりはどうにもなりません。
祖母はゲームに集中すればずっとやっていることができるほど時間があるので、隙間時間にちょこっとプレイをする私とでは技術の差も出てくるのです。
若い人代表としては祖母に負けることは多少恥ずかしくもありますが、それが逆に燃え上がるきっかけにもなっているのです。
追いつきたい気持ちでプレイしていると、仕事の嫌なことも忘れられるので便利です。
それに、祖母とこうして交流することってなかなかありませんでしたが、今では共通の話題も出来たので助かりました。
やはり孫としても今まで大事にしてくれた祖母とはよく会話をしたいと思うので、自然に仲良くできている環境の今が理想的なのです。
祖母は仲間とも一緒にゲームをしているようで、最近のお年寄りは大分若いという印象です。
スマートフォンにしても楽しみながら覚えることができるし、場合によっては若い人よりも成績を上げることだってできるのです。
これからは私も祖母に負けないようにもっと特訓を積み、いつか追い越してやろうという気持ちでひたすらプレイしています。
こんなにゲームにはまるなんて思ってもいませんでしたが、お金を使わずに遊ぶことができるので経済的でもありますね。
基本的には自宅のwifiで繋いでインターネットをしているのでパケット代もかからず、お得に遊ぶことができて助かっています。


こっそり課金をして強くなっているかも

スマートフォンのゲームは一部有料ゲームを除いて、ほとんど全てのアプリを無料でインストールして遊ぶことができます。
ゲームのインストールが無料でできるなら、ゲーム会社はどうやって利益を得ているのか疑問になりませんか?
実は無料のゲームアプリでも、ほとんどのゲームがアプリ内課金というシステムをもっていて、ジェムやダイヤといった仮想通貨を購入して、強いキャラクターや装備を手に入れたり、ゲームを進める上で有利なアイテムを手に入れたりすることができます。
例えばいま流行のディズニーツムツムなら、1プレイで数百コインずつしか集めることができません。
しかし課金をすることによって一気に何十万のコインを手に入れることができます。
ツムツムはコインでボックスを開けて、新しいツムを手に入れたりスキルを強化したりできます。
そのボックスを課金をすることによって、繰り返し何度も開けることができるので、新しいツムや強力なツムがどんどん手に入り、友達と差をつけることができます。
LINEレンジャーでも、レンジャーは毎月のように更新されて、そのステータスは常にインフレ状態なので、他のプレイヤーと差をつけるには課金をするしかないとも言えます。
合成でパワーアップする機能により、強いレンジャーを重ねることでさらに強いステータスを持ったレンジャーができるので、課金によって何度もガチャを回せば断然有利にゲームを進めることができるでしょう。
ステージをプレイする羽の数にも限りがあるので、課金をすれば回復時間を気にせずプレイすることもできます。
そして時折課金の額が話題になるのがDQMSLも、魔王フェスなど大きなイベントがあると、何十万も課金するというツワモノも現れます。
魔王フェスは通常では手に入れるのが難しい魔王が当たりやすくなるキャンペーンなので、熱くなって課金をするプレイヤーも多くいるようです。
友達が急にゲームのスコアを伸ばし始めたり、強いキャラクターを手に入れ始めたら課金をしているかも知れませんね。
無理のない範囲で課金をしてプレイするのも、スマホゲームの楽しみ方だと思います。


スマートフォンのゲームのCMは本格的なものが多い

最近、テレビを見ているとスマートフォンのゲームのCMがよく流れるようになりました。
最初、映画のCMかと思いきや、俳優を使った本格的なものまであるのでだんだんと興味をひかれていくようになるのです。
そこが狙いなのかもしれませんので、まんまと乗せられています。
実際、こうしてスマートフォンの気になったゲームをダウンロードしてプレイをしています。
ダウンロードするだけなら無料なので、有料のものに比べると非常に敷居が低くて助かりますね。
ただ、どんなゲームなのかどうかを実際に遊んで楽しめるようになるまで、ある程度時間は必要です。
面白いと感じる部分は人それぞれですが、私の場合はじっくりとやり込めるタイプのゲームより、少ない時間で遊べる方が好きなんです。
なぜかというと、そんなに学生時代と違って自由な時間が取れるわけでもないので、時間を有効に活用したからなんですよね。
まとまった時間があれば自分を高めるために別のことに時間を使いたい気持ちもありますので、スマートフォンのゲームにあまり熱中はしないようにしています。
でも遊んでいく内にのめり込むこともあるので、時と場合によって使い分けているのです。
こうしてスマートフォンのゲームをするようになってからは1人の時間を便利に消化できるようになりました。
お金がかからない、という点ではとても助かります。
ただ、アイテムがほしくて課金してしまうこともあるのですが、これは納得の上での課金なのでもんだいはありません。
どんなものでもそうですが、自分で納得して行うことができていれば、決して無駄だとはいえないのです。
今まで趣味に膨大なお金を使っていた身からすれば、月に数千円レベルの課金なら楽しむための費用として割りきって考えることができます。
ゲームはサービスが続く限り楽しめるので、普通のゲームよりも長く愛すことができるのが最大のメリットなのではないでしょうか。
強くなったキャラクターを見て自己満足にひたるのもやり甲斐があるのです。


スマートフォンはすごい進化を見せていますね

スマートフォンって知っていますか?最近は電話だけには収まらず、ゲームに動画に音楽にナビに、何でもありの高性能携帯端末化していますね。特にスマートフォンゲームはその成長をしっかりと感じられるくらいになっています。

もうドット絵という時代ではなく、スマートフォンゲームも3Dモデリングされた次元に突入しつつあるんですよ。最近ではドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトルであるドラクエ8がリリースされましたね。これは元々はプレイステーション2のタイトルだったんですが、普通に満足のいく完成度でスマホ用アプリゲームとしての仕上がりを見せています。

つまり、最低限でもPS2ほどの描画性能を持っているのが、最近のスマホスペックというわけです。おそらく格安スマホでも、この程度の浮動小数点演算性能を有しているチップを積んでいるはずです。というよりも格安スマホはSIMで値段を下げているのがウリなので、そんなにコンピューターとしてのスペックが落ちるわけはないのは、いうまでもないですね。

何が言いたいのかというと、スマホひとつで、もはやある意味の「デジタル総合デパートや!」とどっかの芸能人みたいに言いたいわけです。もはや持っている人が少ないと言われるスマホですが、今のところ持つことを推奨という感じですが、これからの現代社会を生き抜くためには、必須と言い換えても過言じゃないでしょう。

いきなりそんなことを言われても困るかもしれませんが、最近のスマホゲーは本当にすごいから、遊んでみてください。基本無料のゲームが主流なので、お金もかかりませんので、暇つぶしにもってこいですよ。ただし、あまりに面白くてハマってしまい、課金アイテムに手を出して、歯止めが効かなくなり、消費者金融のお世話にならないように注意が必要です。中にはそのくらい面白いスマホゲーがあるから、嬉しいやら悲しいやらですね。節度を持って遊べば日々の生活に、ちょっとした潤いとなりますよ。


スマートフォンは乗り換えのことを常に考えておいたほうが良い

 スマートフォンを扱う上で切実な問題になってくるのが、その乗り換えについてです。スマートフォンは今や新機種が次々と発売されていますので、持っているスマートフォンがいつまでも最高のスマートフォンだとは限らないです。買ったときはベストだと思って選んだスマートフォンでも、いつの間にか時代遅れになっていることも珍しくないです。そうしたら、乗り換えのタイミングで確実に乗り換えておくことが大事です。良いスマートフォンは調べればいくらでもありますので、乗り換えは決して悪いことではありません。

 たとえば、乗り換えることによってキャッシュバックのメリットが受けられる場合があります。新規乗り換えを促進するためにそうしたサービスを用いている会社は数多くあり、格安スマートフォンまで範囲を広げればもはやスタンダードになっているとすらいえます。キャッシュバックがあれば実質の本体価格はかなりやすくなりますし、それならば乗り換えの負担を軽減することができます。

 また、根本的なこととして月額の料金が安くなることも考えられます。乗り換えするにはそれなりのメリットがなければいけませんが、その中でも月額料金が安くなることはとても大きなメリットの一つで、機能や性能面に問題がないのなら月額料金が安くなることをもくろんで乗り換えるのも選択としてありです。

 他にも、乗り換えることによって通信速度が早くなったりなど、いろいろと比較してみると乗り換えたほうが良いという結論に行きつくことは少なくないです。今使っているスマートフォンに何ら不安がなくて使い勝手も申し分ないということであれば、無理に乗り換えをする必要はないです。そのまま使い続けていったほうが良いです。しかし、そうではなくて少しでも不満があって乗り換えたい意識があるのなら、比較検討した上で乗り換えを決断してみるのも良いです。それによってスマートフォンライフが向上するかもしれませんし、その考え方は間違っていないです。


1 2