2015年09月 一覧

スマホゲーにトリコはまだこないのかね?

スマートフォンのゲームアプリには、漫画が原作となっているタイトルもたくさんサービス開始されていますよね?私が好きな漫画でもないんですが、気になっているタイトルに島袋光年が書いている「世紀末リーダー伝たけし!」に続く迷作、「トリコ」があります。世紀末リーダー伝たけし!は島袋光年の不祥事により、結末を迎えないまま悲劇の終劇となりましたが、トリコはそんなことはなく、トントン拍子にストーリーが進んでいる感じがありますね。

トリコといえば、他のゲームでもトリコってありますよね。プレイステーション4でリリース予定の国産大作タイトルとして期待を集めていますが、私が求めているのはそういうものではないです。家庭用の据え置き型ゲーム機じゃなくてスマートフォン程度の片手間で遊べるゲームアプリで十分です。ただ、なんというかあの独特のバトル展開をゲームアプリにも落とし込んでほしいんですよね。トリコの3連釘パンチとかが、パワーアップすることで10連くじパンチになったりすると目頭が熱くなってきても不自然じゃないですからね。

ココの性格はともかく、毒という要素が気に入らないため却下しつつも、美しい感じのロン毛ヤローはキャラクターが面白いんで、動かしてみたいなって気もします。戦う相手だって、レベルの高い生態系のみならず、美食會というクセのあるメンツもいるし、うまく島袋光年のキャラクターを活かせたら、相当面白いゲームに仕上がる気がするんだけど、どうでしょうかね?

ゲームジャンルでいったら、やっぱりロールプレイングゲームがいいかもしれないですね。ただ、ブレイブフロンティアみたいに、ちょっとしたアクションゲームでド派手な必殺技のカットインとかを活かした技ありゲームでも面白いかもしれないです。トリコは老若男女にウケるというイメージは絵的にないんですが、それなりに小さい子から大きい子まで楽しんで見ているようなので、いかがでしょうか?


白猫プロジェクトを絶賛したいと思います

白猫プロジェクトは絶賛されておりまして、この点については、CMなどでも連日連夜流されておりますから、絶賛しない人を探す方が難しいように思われるものの、屋上屋を重ねるようではありますが、私自身といたしましても絶賛いたしたいと思います。素晴らしいものを素晴らしいと言えるということは実に幸せなことではないでしょうか。
この世の中には悲惨なことがたくさんあり、そのような悲惨さを一身に背負った土地があります。独裁者に不幸にして支配されているような国はそうでありましょう。そのような国におきましては、素晴らしいものを素晴らしいということができないのであります。もちろん、酷いものを酷いという自由の方がより制限されているのかもしれず、この点については、明らかにそうであると言わなければなりませんが。
しかし、白猫プロジェクトは、そのような独裁国の君主であっても、プレイしてみれば面白いと感じるということは明らかではないでしょうか。スマホゲームと言いますのは、本当に粒ぞろいであり、ゲーム業界を牽引することになったというのは十分に理解できるところではないでしょうか。
ゲームの面白さは和製RPGとかにもあったものの、そのようなものはもはや名作が作られる余地がほとんどなくなってきましたが、和製のスマホゲームは決してそうではありません。この先名作はいくらでも作られるでしょう。しかし、そうは言いましても、白猫プロジェクトを超えるということは、ほとんど不可能なのではないでしょうか。
越えがたい壁があるからこそ、人は越えようとするものでありますが、ジェリコの壁のように越えられない壁というものもあるのではないでしょうか。私たちは、そういう壁のようなものを持っていた方がいいのではないかと思われます。村上春樹の作品などでも壁は越えがたいものでした。しかし、もちろん、超えようとする努力を惜しんではならないでしょうし、実際惜しむ人もいないでしょう。


祖母がはまったスマートフォンのゲームについて

この頃、祖母がスマートフォンを購入しました。
普段孫たちとの連絡をスムーズに取る目的で購入してみたんですが、祖母は結構新しいことにもやる気を出すタイプなんですよね。
教えてもいないのに自分でスマートフォンのゲームをダウンロードして、好きなものをプレイしています。
好きなジャンルはパズルだそうで脳内トレーニングの意義もあるのでしょう。
私も同じスマートフォンのゲームをやっているので得点を競争していますが、1度も勝てたことがないのです。
初心者のはずの祖母に負けるなんて意外な展開でもありますが、こればっかりはどうにもなりません。
祖母はゲームに集中すればずっとやっていることができるほど時間があるので、隙間時間にちょこっとプレイをする私とでは技術の差も出てくるのです。
若い人代表としては祖母に負けることは多少恥ずかしくもありますが、それが逆に燃え上がるきっかけにもなっているのです。
追いつきたい気持ちでプレイしていると、仕事の嫌なことも忘れられるので便利です。
それに、祖母とこうして交流することってなかなかありませんでしたが、今では共通の話題も出来たので助かりました。
やはり孫としても今まで大事にしてくれた祖母とはよく会話をしたいと思うので、自然に仲良くできている環境の今が理想的なのです。
祖母は仲間とも一緒にゲームをしているようで、最近のお年寄りは大分若いという印象です。
スマートフォンにしても楽しみながら覚えることができるし、場合によっては若い人よりも成績を上げることだってできるのです。
これからは私も祖母に負けないようにもっと特訓を積み、いつか追い越してやろうという気持ちでひたすらプレイしています。
こんなにゲームにはまるなんて思ってもいませんでしたが、お金を使わずに遊ぶことができるので経済的でもありますね。
基本的には自宅のwifiで繋いでインターネットをしているのでパケット代もかからず、お得に遊ぶことができて助かっています。


こっそり課金をして強くなっているかも

スマートフォンのゲームは一部有料ゲームを除いて、ほとんど全てのアプリを無料でインストールして遊ぶことができます。
ゲームのインストールが無料でできるなら、ゲーム会社はどうやって利益を得ているのか疑問になりませんか?
実は無料のゲームアプリでも、ほとんどのゲームがアプリ内課金というシステムをもっていて、ジェムやダイヤといった仮想通貨を購入して、強いキャラクターや装備を手に入れたり、ゲームを進める上で有利なアイテムを手に入れたりすることができます。
例えばいま流行のディズニーツムツムなら、1プレイで数百コインずつしか集めることができません。
しかし課金をすることによって一気に何十万のコインを手に入れることができます。
ツムツムはコインでボックスを開けて、新しいツムを手に入れたりスキルを強化したりできます。
そのボックスを課金をすることによって、繰り返し何度も開けることができるので、新しいツムや強力なツムがどんどん手に入り、友達と差をつけることができます。
LINEレンジャーでも、レンジャーは毎月のように更新されて、そのステータスは常にインフレ状態なので、他のプレイヤーと差をつけるには課金をするしかないとも言えます。
合成でパワーアップする機能により、強いレンジャーを重ねることでさらに強いステータスを持ったレンジャーができるので、課金によって何度もガチャを回せば断然有利にゲームを進めることができるでしょう。
ステージをプレイする羽の数にも限りがあるので、課金をすれば回復時間を気にせずプレイすることもできます。
そして時折課金の額が話題になるのがDQMSLも、魔王フェスなど大きなイベントがあると、何十万も課金するというツワモノも現れます。
魔王フェスは通常では手に入れるのが難しい魔王が当たりやすくなるキャンペーンなので、熱くなって課金をするプレイヤーも多くいるようです。
友達が急にゲームのスコアを伸ばし始めたり、強いキャラクターを手に入れ始めたら課金をしているかも知れませんね。
無理のない範囲で課金をしてプレイするのも、スマホゲームの楽しみ方だと思います。


スマートフォンのゲームのCMは本格的なものが多い

最近、テレビを見ているとスマートフォンのゲームのCMがよく流れるようになりました。
最初、映画のCMかと思いきや、俳優を使った本格的なものまであるのでだんだんと興味をひかれていくようになるのです。
そこが狙いなのかもしれませんので、まんまと乗せられています。
実際、こうしてスマートフォンの気になったゲームをダウンロードしてプレイをしています。
ダウンロードするだけなら無料なので、有料のものに比べると非常に敷居が低くて助かりますね。
ただ、どんなゲームなのかどうかを実際に遊んで楽しめるようになるまで、ある程度時間は必要です。
面白いと感じる部分は人それぞれですが、私の場合はじっくりとやり込めるタイプのゲームより、少ない時間で遊べる方が好きなんです。
なぜかというと、そんなに学生時代と違って自由な時間が取れるわけでもないので、時間を有効に活用したからなんですよね。
まとまった時間があれば自分を高めるために別のことに時間を使いたい気持ちもありますので、スマートフォンのゲームにあまり熱中はしないようにしています。
でも遊んでいく内にのめり込むこともあるので、時と場合によって使い分けているのです。
こうしてスマートフォンのゲームをするようになってからは1人の時間を便利に消化できるようになりました。
お金がかからない、という点ではとても助かります。
ただ、アイテムがほしくて課金してしまうこともあるのですが、これは納得の上での課金なのでもんだいはありません。
どんなものでもそうですが、自分で納得して行うことができていれば、決して無駄だとはいえないのです。
今まで趣味に膨大なお金を使っていた身からすれば、月に数千円レベルの課金なら楽しむための費用として割りきって考えることができます。
ゲームはサービスが続く限り楽しめるので、普通のゲームよりも長く愛すことができるのが最大のメリットなのではないでしょうか。
強くなったキャラクターを見て自己満足にひたるのもやり甲斐があるのです。


スマートフォンはすごい進化を見せていますね

スマートフォンって知っていますか?最近は電話だけには収まらず、ゲームに動画に音楽にナビに、何でもありの高性能携帯端末化していますね。特にスマートフォンゲームはその成長をしっかりと感じられるくらいになっています。

もうドット絵という時代ではなく、スマートフォンゲームも3Dモデリングされた次元に突入しつつあるんですよ。最近ではドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトルであるドラクエ8がリリースされましたね。これは元々はプレイステーション2のタイトルだったんですが、普通に満足のいく完成度でスマホ用アプリゲームとしての仕上がりを見せています。

つまり、最低限でもPS2ほどの描画性能を持っているのが、最近のスマホスペックというわけです。おそらく格安スマホでも、この程度の浮動小数点演算性能を有しているチップを積んでいるはずです。というよりも格安スマホはSIMで値段を下げているのがウリなので、そんなにコンピューターとしてのスペックが落ちるわけはないのは、いうまでもないですね。

何が言いたいのかというと、スマホひとつで、もはやある意味の「デジタル総合デパートや!」とどっかの芸能人みたいに言いたいわけです。もはや持っている人が少ないと言われるスマホですが、今のところ持つことを推奨という感じですが、これからの現代社会を生き抜くためには、必須と言い換えても過言じゃないでしょう。

いきなりそんなことを言われても困るかもしれませんが、最近のスマホゲーは本当にすごいから、遊んでみてください。基本無料のゲームが主流なので、お金もかかりませんので、暇つぶしにもってこいですよ。ただし、あまりに面白くてハマってしまい、課金アイテムに手を出して、歯止めが効かなくなり、消費者金融のお世話にならないように注意が必要です。中にはそのくらい面白いスマホゲーがあるから、嬉しいやら悲しいやらですね。節度を持って遊べば日々の生活に、ちょっとした潤いとなりますよ。


スマートフォンは乗り換えのことを常に考えておいたほうが良い

 スマートフォンを扱う上で切実な問題になってくるのが、その乗り換えについてです。スマートフォンは今や新機種が次々と発売されていますので、持っているスマートフォンがいつまでも最高のスマートフォンだとは限らないです。買ったときはベストだと思って選んだスマートフォンでも、いつの間にか時代遅れになっていることも珍しくないです。そうしたら、乗り換えのタイミングで確実に乗り換えておくことが大事です。良いスマートフォンは調べればいくらでもありますので、乗り換えは決して悪いことではありません。

 たとえば、乗り換えることによってキャッシュバックのメリットが受けられる場合があります。新規乗り換えを促進するためにそうしたサービスを用いている会社は数多くあり、格安スマートフォンまで範囲を広げればもはやスタンダードになっているとすらいえます。キャッシュバックがあれば実質の本体価格はかなりやすくなりますし、それならば乗り換えの負担を軽減することができます。

 また、根本的なこととして月額の料金が安くなることも考えられます。乗り換えするにはそれなりのメリットがなければいけませんが、その中でも月額料金が安くなることはとても大きなメリットの一つで、機能や性能面に問題がないのなら月額料金が安くなることをもくろんで乗り換えるのも選択としてありです。

 他にも、乗り換えることによって通信速度が早くなったりなど、いろいろと比較してみると乗り換えたほうが良いという結論に行きつくことは少なくないです。今使っているスマートフォンに何ら不安がなくて使い勝手も申し分ないということであれば、無理に乗り換えをする必要はないです。そのまま使い続けていったほうが良いです。しかし、そうではなくて少しでも不満があって乗り換えたい意識があるのなら、比較検討した上で乗り換えを決断してみるのも良いです。それによってスマートフォンライフが向上するかもしれませんし、その考え方は間違っていないです。


スマートフォンの普及率上昇の理由

従来型の携帯電話のフィーチャーフォンの種類は少しずつ減少しています。代わりに高機能型の携帯電話であるスマートフォンが流行しているからです。しかし全てのユーザーがスマートフォンを多用しているわけではありません。機能が豊富過ぎて使いこなすためには知識が必要だからです。ツールの使用方法を覚えるための勉強を嫌う人は確実に存在しているため、スマートフォンは完全に需要を満たしているとは言えません。それにも関わらずスマホが利用されている事には大きな理由があります。まず一つ目にスマホにも機能を限定した機種が登場している事です。格安スマホと呼ばれている機種で、従来型の携帯電話で十分な人が愛用しています。そしてフィーチャーフォンの使用が減少している2つ目の理由は、回線サービスがスマートフォンとフィーチャーフォンは異なるからです。携帯電話は回線サービスが安定供給されているから利用出来ます。仮に携帯電話だけを持っていても、通信回線業者のサービスがストップするとインストールされているソフトしか利用出来ません。回線サービスは携帯電話を大きく支える存在である事は間違いないのです。そして回線サービスの提供は経費が発生します。減少するフィーチャーフォンの利用者に対して、回線サービスを永遠に供給していると利益を得られなくなるのです。それを回避するためにスマホの回線サービスを充実させ、従来型の携帯電話のサービスを少しずつ縮小しています。その影響を最も大きく受けるのはフィーチャーフォンを愛用する人の財布です。サービスの品質の低下とは内容だけとは限らず、場合によっては価格面も是正されます。少ないユーザーで回線サービスを維持するなら当然の状況です。回線サービスの状況はユーザー側でも認知するようになっており、将来を見越した利用者がスマホに機種変更しています。今後はこの動きが加速する事で、利用者の大半がスマホを所持するようになるのは間違いありません。


スマートフォンのラインなどの機能について

今、スマートフォンを持っていない人はあまりいないといえるでしょう。
今、ガラケーを使い続けている人は、やはり中高年の人だったり、また小学生だったりなどで、大半の人がスマートフォンを使い続けていると思います。
そこで、スマートフォンの機能にはどういったよさがあるのでしょうか。
まず、スマホで使っている機能などで、メジャーであり、有名なのが、ラインだと思います。
こちらのラインは、メールの代わりになっていて、ほとんどの人がラインで連絡を取っているのが普通です。
もはやメールは誰も使っていない状態であるといえるでしょう。
しかし、こちらの機能はとても便利ですが、個人情報が流出してしまうのではないか、という問題や、不特定多数と連絡を取ることが出来たりするので、子供が危険な目にあってしまう可能性があるということで、今問題となっています。
しかし、こうしたものが今、一番使われているといえるでしょう。
また、その他の機能で人気なのがアプリですね。
スマホの携帯電話の醍醐味が、こちらのアプリだと思います。
こちらのアプリを使うとさまざまなゲームを楽しむことができますので、とても楽しいです。
空き時間に気軽に楽しむことができますし、またすべてほとんど無料になります。
また、友達と対戦をすることが出来たり、オンラインなどの対戦も充実しているので、全国の人と戦うことができるのです。
こうしたことから、とても人気となっています。
こちらのアプリが使い放題なので、実質料金はこのぐらいしてもいいのではないか、と思います。
スマホには、このようにさまざまな魅力があるといえるでしょう。
これから先、どうなっていくのかわかりませんが、現状では様々な魅力がありますし、またインターネットも見たりし放題なのが最高ですね。
インターネットを外出先から見ることができるので、気になったこともすぐ調べることができるというのが大きな魅力となっているのが良いですね。


スマートフォンでゲームされますか?

みなさんはスマートフォンを使ってゲームをされますか?
私は最近夢中になっているゲームがあります、それはマーチオブエンパイアという作品です。
スマホのゲームというとアングリーバードやTemple Runのような単純なゲームばかりだと思っていたのですが(どちらもとても面白い作品です)
このマーチオブエンパイアという作品はとてもクオリティの高い作品で、こんな作品をスマホでプレイできてしまうことがとてもびっくり。
いやーいい時代になったもんですね。

この作品、まずキャラクターデザインなどがとても恰好が良くて、見ているだけでも飽きません。
最近のゲームって萌え萌えしたキャラクターばかりが出てきて食傷気味だったのですが、このゲームは硬派なキャラクターばかり。
硬派なキャラクターばかりのゲームって逆に新鮮に映ります、やっぱりゲームはこうじゃなくちゃ。

肝心のゲーム内容も素晴らしいものです、プレイヤーは自分の王国を巨大化させていくことを目的とします。
巨大化するためには、ほかのプレイヤーが運営する王国を征服したりする必要があるのですが、その際には戦争をする必要があります。
この戦争がこのゲームのキモになるのですが、とても戦略的で頭を使うんですね。
まるで将棋をやっているような気分になってしまうほどです。

ほかにも戦争の際には他のプレイヤーと同盟を組んだりというような外交を行うのですが、これもまた面白い。
外交関係というのはそのまま人間関係と置き換えても良いほどで、ちょっとした言動が元になって戦争になったりもするんですね。
基本的に同盟は利害の一致によって成立していくわけですが、このような人間関係の破たんによって同盟が破たんしたりもするわけです。
色々な人の外交を見ていると、この外交テクニックは人間関係にも応用できるなーと舌を巻いてしまうほどです。
今までスマートフォンでゲームをやったことがない方も、いろいろなゲームがありますので是非試してみると良いと思いますよ!