スマホゲームの思い出

スマートフォンといえば、発売した当初はガラケー全盛期だったこともあって、そんなものを自分が持つなんて考えたこともありませんでした。なんだか使いにくそうだし、使用料金も本体価格も高そうだし。でもいつの間にか周りにもスマホを持っている人が増えてきて、ついに私も数年前にガラケーからスマホへと買い替えることになりました。
携帯電話がスマホになって一番変わったことといえば、やっぱりゲームではないかなと思います。ガラケー時代は外出時の暇つぶしと言えばネットサーフィンやメールで、特別ゲームをしようとは考えもしませんでしたが、スマホになってからは、今まではPSPやDSでやっていたようなゲームがどんどん登場してきましたよね。最初はカードを集めてボタンにタッチして攻撃するようなものが多かったように思います。状況が大幅に変わったのは、パズドラがはやり始めてからではないでしょうか。パズドラ自体は単純ともいえるパズルゲームで、特別それがおもしろいというわけではなかったはずですが、画期的だったのはガチャシステムですよね。もしかしたら既に他のスマホゲームでも取り入れられていた手法かもしれませんが、私が最初にガチャで課金する人が すごく増えているときいたのはパズドラが最初でした。このゲームのヒットで、同じようにガチャをひかせてプレイヤーの能力を強化するという方法をとるものが増えてきたように感じました。そしてこのガチャ課金によって業界全体が拡大し、パズルゲーム以外のスマホゲームもどんどん進化していったと感じました。それまではRPGゲームの戦闘シーンでもイラストの描かれたカードが画面上でそのまま上に移動し、効果音が鳴って終わり、という感じだったものが、カードの中のキャラクターがしっかりと武器を使って攻撃するアクションまで描かれるようになっています。スマホでFFやドラクエなどのファミコン時代の名作がプレイできるようになったことも非常に驚きました。これかも更なる進化を続けるであろうスマホゲームが楽しみです。


スマホゲームをダイエットに利用

私はもともとあまり夢中になってゲームをする方ではありませんでした。男兄弟がいるため実家にはゲーム機がいくつもあったので、小中学生のころにはRPGやアクションゲームをプレイしていたこともありましたが、実家を出てからはまったくゲームとは縁がなかったんです。
でも携帯電話をガラケーからスマートフォンに変えて、ちょっとだけまたゲームと関わるようになりました。スマホのゲームって私のようなゲームが下手な人間でもできるものが多くて、しかもちょっと癖になる感じでおもしろいですよね。
そんな私がいよいよ本気でスマホでプレイするゲームにハマったのは、Ingressをやり始めてからでした。Ingressは簡単に言えば世界規模の陣取り合戦で、googleマップを使って現実世界とリンクさせながら、ネット上でお互いの領地を奪い合うというゲームです。このゲームが普通のスマホゲームと違うのは、すべてがバーチャルなのではなく、実際に敵の領地を奪うためには、現実世界でその領地まで赴く必要があるという点です。ポータルと呼ばれる領地の要を攻撃し破壊することで、その要を自分の陣営のものにすることができますが、このポータルは例えば神社やお寺、ちょっと目立つお店のシンボルなどに設定することができるんです。
ゲームの内容自体は非常にシンプルで、いったん慣れてしまえば難しいものでもありません。そして、このゲームが一番良いのは、実際にポータルとポータルを移動するので、ダイエットになるということなんです。これまでは車で移動していた場所でも、歩くことで複数のポータルと接触することができるため、ポイントを稼いで早くレベルを上げるためにもとにかくたくさん歩こうと考えることができます。
普通にダイエットのためにウォーキングをしようとしてもなかなか続かないものですが、このゲームのついでにという感覚が私には合っているらしく、毎日の運動量は劇的に増えました。ゲーム好きのぽっちゃりさんにはぜひお勧めしたいダイエット方法です。


コンピュータゲームにおける乱入システムの魅力

ゲームセンターには様々な遊技台が存在しており、コンピュータゲームもその一つです。コンピュータゲームにコインを投入すると、市販される前のゲームを楽しむ事が出来ます。しかしゲームセンターにおけるコンピュータゲームでは、乱入と呼ばれる魅力が存在するのです。乱入とはプレイしている筐体と対応している所にコインが投入されると、見知らぬ人と対戦を楽しめるというものです。家庭用のコンピュータゲームでは基本的に見知った人とプレイする事が多いため、乱入はゲームセンター特有の魅力だと評価されています。乱入してきた相手を倒す事に成功すれば、ユーザーはプレイしていたゲームに戻れるという仕組みです。つまり乱入が何度も繰り返された上で全て撃退すれば、1コインでより多くのゲームタイムを楽しむ事が出来ます。しかし乱入システムはゲームセンター特有の物では無くなりつつあるのです。理由はオンラインゲームが登場して、見知らぬ人と対戦出来るようになったからだと言えます。ネットワークに対応しているゲームであれば、過去のゲームセンターと同じ感覚で乱入システムを楽しめるのです。昨今ではゲームセンターの顧客離れが進んでいると言われていますが、オンラインゲームの存在が大きな影響を与えているという意見があります。オンラインゲームにおける乱入システムは、ネットワーク回線に接続されており十分な速度を持っていれば利用出来る点も魅力です。世界的に流行しているゲームであれば、言語の通じないプレーヤーとも対戦を楽しむ事が出来ます。地域によって流行のプレイスタイルが異なるゲームも存在しており、それを体感出来る点もオンラインゲームの醍醐味です。しかしオンラインによる対戦はサーバーが必要であるため、維持費用を準備するために料金を徴収するケースが少なくありません。ユーザーからお金の支払いが行われなければ、オンラインのシステムを利用する権利が得られないという事です。しかしオンラインによる乱入システムは、投資に見合う価値を持っています。


ゲームグラフィックが進化する中、ドット絵が復活!

私は現在30代前半の男性なのですが、私と同世代の方は子供の頃にスーパーマリオやドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなどドット絵のゲームから入ったかと思います。
当時のゲームは今のゲームと比べてシステムは単純。容量も少なくて今プレイしたら物足りなさを感じるものだと思います。
しかし、それはそれで良さがあり、たまにスーパーファミコンなどで昔懐かしいゲームをプレイしたくなる時があります。
先日、ビッグタイトルであるドラゴンクエストの最新作が登場するというニュースを見ました。
開発中のプレイ画面なども公開されたのですが、プレイステーション4での発売を予定しているという事で、グラフィックは凄まじく綺麗なものでした。
見ているだけでワクワクしてくるプレイ画面でしたが、それともう1つ、非常に嬉しい要素がありました。
それは、恐らくニンテンドーDS版でのプレイに限られるとは思うのですが、昔と同じドット絵でのプレイに切り替えられるというものでした。
この情報を知った時、前述した昔懐かしいゲームを思い出しました。
ネットユーザーの方々も私と同世代かそれ以上の方々も多いようで、ドット絵でプレイ可能である事は非常に評判が良かったです。
プレイステーション4では当然通常のグラフィックでプレイするのでしょうが、ニンテンドーDSではドット絵の方でプレイしたいという方が多かったです。私もこれは完全に同意見です。
ドット絵時代のドラゴンクエストといえば、開発者達がカセットの容量ギリギリまで使用して作られていた事などが有名です。容量が本当にギリギリだったため、モンスターの名前にカタカナの「ク」が使えず、「ス」に切り替えた事などはよく語られる事です。
そういったエピソードも考えますと、昔のゲームは容量が少なくシステムも単純、出来る事は限られていましたが、だからこそ開発者の方々はアイデアを駆使して本当に取り入れたい要素を厳選していたのだろうと思います。
そうして出来上がるゲームは本当に面白かったですし、その楽しい思い出がドット絵のゲーム画面に詰められているのだと思います。
ドラゴンクエストの最新作、必ず購入してプレイしようと思っています。


中年オヤジがパズドラを始めた理由とは

パズドラにはまってしまっています。
私たちの世代は初代のファミリーコンピュータやインベーダーゲームにもはまった世代でありますから、ゲームにはまる要素は持っていたといえるかもしれません。しかし、私自身はパズドラをやるまでは20代後半くらいからずっとゲームを深くすることはありませんでした。もちろん、軽いゲームなどはしないでもありませんでしたが、あくまで暇つぶし程度のゲームをするくらいでした。
それが、パズドラにはまってしまっているのです。パズドラを始めた理由は少し変わっていて、株式投資からでした。知っている人は知っていると思いますが、パズドラを作ったガンホーオンラインという会社は少しの間に株価が何十倍にもなって話題になった会社でした。以前から株式投資をしていた私はガンホーオンラインの株価が狂ったように上昇していたことは知っていましたが、何せゲームにはかなり疎くなっていて、たかがゲーム会社ではないかと侮っていたのです。それが、ますますガンホーオンラインの株価は上がるばかりで、ちょっと興味をそそられて、自分の持っていたスマートフォンとタブレットにパズドラをダウンロードして遊び始めたのです。
無料でもそこそこ遊べるのが良かったのか、やはり大ヒットするゲームというのは、長い間ゲームをしなかった中年オヤジがやってみても面白く、よくできたゲームであることは間違いありません。今までのいわゆる暇つぶし程度で遊んでいたゲームをせいぜい一か月もすれば飽きてやめていたのが、すでに2年近く、プレイを続けています。それほどパズドラは魅力のあるゲームであるということです。
おそらくパズドラの魅力については語りつくされているのでしょうから、中年オヤジが語るまでもありませんが、ここまで長期間にプレイしていて飽きないというのは稀有のゲームでしょう。それにゲーム自体が進化していますので、私くらいの腕前であればまだまだ先がありそうで、当分は楽しめそうです。


スマホ版ドラゴンクエスト モンスターパレードを遊んでみた

私は昔からドラゴンクエストモンスターズシリーズが大好きで、初代であるゲームボーイ版のモンスターズをプレイしてから、このシリーズの根っからだの大ファンである。このシリーズが発売するたびに、携帯機と一緒にセットで購入してきたのだが、パソコン版でモンスターズシリーズが出たと聞いた時だけ逃してしまった。理由は至って単純で、私はパソコンを持っていなくて、更にパソコン機器に疎かったので購入が遅れてしまったのだ。しばらく月日が立って、ゲーム仲間の知り合いから一つの朗報が入った。それは、スマートフォンで以前逃していたドラゴンクエストモンスターズシリーズがリニューアルされて登場したというのだ。それこそがこの「ドラゴンクエスト モンスターパレード(スマホ版ではどこでもモンスターパレード)」である。スマートフォンは携帯電話としての役割がメインなために、日常でも仕事でも常に使っていた。だからこそ、この機会に逃していたタイトルであるドラゴンクエスト モンスターパレードを遊んでみることにしたのである。スマホ版ではどこでもモンスターパレードという名前に変わっていたが、パソコン版の基本システムは残したままのようであった。基本的には道中で出会うモンスターを仲間にしていって、パレードという形でモンスターパーティーを組んで冒険していく。スマートフォンの機能を最大限に利用した、タップやフリックなどでの操作も健在。モンスターそれぞれの動きが独特で可愛く、見ているだけでも楽しくなってしまった。本当にこのゲームの開発者の愛が伺える。以前までのシリーズでは、ここまで動くことはめったになかった。というよりは、3DS版の3Dに対応したモンスター立ちも動くことは動くのだが、ここまでの詳細な作りはしていなかったように思える。モンスターをつまむと、ジタバタしていてまるで「おろしてくれ~」と言っているような姿は微笑ましいものだ。個人的には、老若男女楽しめるスマートフォンのゲームであると確信できる。