ポーカーゲームならドラゴンポーカーで決まり

ひさしぶりにハマってしまったゲームの紹介です。
『ドラゴンポーカー』みなさんご存知ですか?

おおまかなゲーム内容ですが仲間とパーティを組んで
ダンジョンに潜むモンスターをやっつけるという内容です。

おすすめポイントその1
グラフィックがキレイ

おすすめポイントその2
BGMが凄くかっこいい

おすすめポイントその3
仲間と連携技がつかえる

『ドラゴンポーカー』の一番のポイントはまずグラフィックが
すごくキレイで戦闘シーンとか迫力満点。二番目のポイントはBGMのかっこ良さです。グラフィックとの相性もすごく良く気に入ること間違いなしです。最後のポイントが仲間と連携技が使えることですかね、決まった時の一体感は気持ちいいです。

面白い機能として2つあり、まず一つ目がシャウトが上げられます。定型文として用意されているものと、自分で編集して好きな文言を登録します。それを使いたい場面をワンタッチで押すと画面いっぱいに、その文字が広がり場を盛り上げたり、和ませたりすることができるのです。

『ドラゴンポーカー』最大の機能としてリア友機能というのが
ありまして、これはGPSを使い近くの仲間を見つけて一緒にパーティを組むことができるのです。つまり盛り上がって実際に会うことだって出来ちゃうすぐれものです。ローカルな話題でも盛り上がれるし、もしかしたらリアル友人、リアル知人にも
出会えるかも?

もし、ゲームを進めていく中で、解らないことや困ったことが
あっても大丈夫です。なぜならネットに攻略系のサイトや情報交換のサイトがたくさんあるので、困ったときでもすぐに解決することができます。

難しい操作はないですし、なにより人とつながる一体感が
すごく味わえるので、まずはやってみましょう。
やり込み要素もしっかりあるので、かならず満足できるクオリティです。

いかがでしたか?『ドラゴンポーカー』やってみたくなりましたか?迷ったらまずはやってみる!かなりおすすめです。
身近な人とやるとさらに盛り上がります。


21世紀の10年代はラブライブ覇権の時代となりました

私はスマホゲームのラブライブが大好きです。暇さえあればゲームをしておりネットでも情報を集めてます。ラブカストーン 850個無料配布と聞けば即試したりしたものです。そんな私ですがこのあいだニューヨークを旅行した際にはアメリカ人から「ラブライブ!」と声をかけられたことにはたいそう驚きました。話してみると、彼もこのゲームをプレイしており、アメリカ人のあいだでもμ’sのキャラクターたちは大変な人気を博しているそうです。これまで日本国内ローカルのキャラクターだと思っていたμ’sが、実はワールドワイドな人気者であることを知って、ラブライバーの端くれとしてはとてもうれしく思っています。

ラブライブが世界的な人気ゲームになれたのも、まずはその楽曲の素晴らしさが要因なのではないでしょうか?私はこのゲームをプレイするまえでは、美少女ゲームというものを敬遠していました。しかし、仕事の都合でどうしてもこのゲームについて調べる必要があったため、一度プレイしてみることになったのですが、その際に一発で魅了されてしまい、それ以来私は暇さえあればこのゲームをプレイするようになってしまいました。今でも、あの日はじめて「もぎゅっとラブで接近中!」を聞いたときの衝撃を忘れません。あれぞ邂逅と呼ぶべき瞬間だったと思います。あの印象的なイントロが流れだした途端、歓喜のあまり身震いしてしまったのです。かつてこんなにも軽快なポップソングがあったでしょうか?これほどのクオリティを誇る楽曲であれば、言語の壁さえ乗り越えて、世界中でヒットしてしまうのも頷けます。

おそらくラブライブはこれからも益々人気を拡大していくことでしょう。もはや、このゲームに限界はないようにすら思えてきます。毎月のように新しい楽曲が追加されては、そのたびごとに名曲であるのですから、ファンは一向に飽きることができません。それどころか、より一層このゲームの魅力にはまりこんでいってしまうのです。後世の歴史家はいずれ10年代をラブライブの時代と振り返ることになるかもしれません。そんな言辞も決して大袈裟ではないほど、このゲームは世界中の人々の心を掴んで離さないのです。


姫王と最後の騎士団の実力の程を確かめてみた

このあいだ親戚がうちに遊びに来たのですが、そのお子さんがとてもゲーム好きなようでで、一緒にプレイしようと誘いかけてきます。私はゲームをほとんどやらない人間なので、ちょっと困ったなーという気持ちだったのですが、子供の頼みを無碍に断るわけにもいかず、彼の誘いに乗ることにしました。

彼が取り出したのは母親のiPhone6です。お子さん自身はスマホを持っておらず、どうも両親のスマホを借りてゲームを楽しんでいるようです。子供らしくてでいいなと思いました。そして、iPhone6で立ち上げられたゲームは「姫王と最後の騎士団」です。私にとっては初めてその名を耳にするゲームですが、彼によれば最近流行の超有名ゲームだそうです。「このゲーム知らないと子供と話ができないよ」とまで言われてしまっては、いやはや、やはり一緒にプレイするしかなさそうです。

「姫王と最後の騎士団」はRPGです。姫王 魔石で体力を回復したりするようです。ゲームオンチの私ですが、RPGの代名詞たるゼルダの冒険くらいなら知っているので、その旨を子供に伝えると「知らない」とのこと。私からしてみれば、そこれそゼルダの冒険こそ知っていなければならないゲームだと思うのですが、最近の子供にはあまり知られていないようです。世代間が隔絶していることを思い知らされました。

しかしながら、「姫王と最後の騎士団」を実際にプレイしてみると、なるほど現代の子供達がゼルダの冒険に見向きしない理由もわかるような気がします。とにかくグラフィックが美麗なのです。10年前と今ではテクノロジーに差があるのは仕方のないことですが、「姫王と最後の騎士団」はゼルダの冒険に比べて、描写がずっとキレイだし、それゆえバトルにも迫真性があります。キャラクターデザインも洗練されており、まるでアニメを見ているかのようです。さらに操作性もシンプルで誰でもプレイできそうです。子供達に人気があるだけのことはあると素直に感心してしまいました。

結局そのときは子供がプレイしているのを眺めているだけの私でしたが、後日「姫王と最後の騎士団」を自分のスマホにダウンロードして、今は一人でプレイして楽しんでいます。たまにはゲームもいいものですね。


遊べる要素満載で素直に楽しめるヴァリアントナイツ

ヴァリアントナイツをプレイしてみるといいとこどりで育成を楽しむのがメインの良作といえるゲームだなと感じました。ソーシャルゲームならではの協力プレイなども楽しめますし、何より大きいと感じたのが体力システムが搭載されていないので、時間をかけてもいいですし合間にちょっとプレイするだけでもかなり遊びやすくなっているのでしっかりとしたゲームのような感覚で楽しめています。

ソーシャルゲーで育成メインかと思っていたらヴァリアントナイツもしっかりと王道の内容をとらえていてファンタジー世界を舞台に冒険をするという流れですが出てくる立ち絵はアニメを見ているように綺麗になっているのでシンプルながらも内容にもすんなりと感情移入しやすくできているので進めるのも楽しくなっています。

バトルもオートなのですがスキルを使えるようになっているので、戦闘画面を見てタイミングを見極めながら上手く発動させるという形でだれることもなく遊べるので、見ているだけではなく軍師のような感覚で、戦闘を楽しめています。ヴァリナイ 魔石があれば武器やキャラをガチャを回して手に入れることができるので飽きないですね。

またヴァリアントナイツの戦闘はフリック入力で対応していて簡単に操作もできますし、何より敵も味方もみんな動きまくっているので見ていてもワクワクしてきますし、スキルを打つ時に奥義という物があるのですがカットインが入りかっこよく絵も綺麗なのでさらにり究極奥義という物を発動させると超必殺技という形で先頭に参加してるキャラ全員のカットインが入り、思っているよりもド派手で合間にこういった演出で楽しませてくれます

。声優も参加されていてユーザー同士の協力プレイもチャットやスタンプも活用してまったりとした雰囲気ながらも楽しく盛り上がっています。スタミナの設定がないので自分の気が済むまで、経験値を貯めてレベル上げをしながら、友達と並んでワイワイしているという表現がぴったりです。ゲーム攻略にスタミナ消費がないですし、武器強化という好きなように強くするという要素で楽しめる環境が揃っているのでRPGとしてはかなり楽しめています。


モンスターハンターエクスプロアでは割れた石版を集めたい

魅力的なモンスターハンター エクスプロアにはハンターが沢山出てきます。そのハンターはとっても長い先端の尖がった弓を持っているものがいます。今にも刺されたら大変という感じです。でも、それですっごい大きなモンスターをバッサバッサと倒せるのですから良いなと思います。

ランスを装備しているモンスターも登場します。虫のような感じの見た目で、そこがとってもユニークな装備です。

モンスターハンター エクスプロアには、長くて太い刀を装備しているものもいます。忍者のように細い体で、しかも背中にはすっごい長くて格好良い刀のようなものを背負っています。静かに佇むその姿は、まるで影の人なのです。影にひっそりといては、敵がきたら凄い速さでバッサバッサと倒しそうです。なんとも身軽で、しかも格好良いハンターです。

大きな斧を持っているようなハンターもいます。大剣で、柄の部分がとっても長くて大きいのです。まるで、恐竜の尻尾のような感じの見た目がおしゃれです。ポージングがとても格好良く、キメ顔が素敵です。そんなハンターも疲れます。疲れた時には青い海が広がる景色が美しいマラクジャ島でその疲れを癒すのです。質素な生活をしては、その島に住むハンターなのです。コンティニューに必要なモンハン エクスプロア 狩り玉を無料でゲットしておくのも大事です。

モンスターハンター エクスプロアでは、探検をするのが大切です。その探検をする前に立ちはだかるのが数々のモンスターなのです。そのモンスター達は実に格好良く、強いです。どこから飛び出るかが分からないだけに、まるでお化け屋敷のような興奮を味わえます。頑張って突き進めば、古代の石版などを集めることができます。

その古代の石版はみな割れています。割れているものを集めるのが1つのテーマでもあります。その割れた石版には模様が描かれています。その模様を組み合わせるのも立派な仕事でもあります。割れているからこそ謎は深まります。でも、その謎を解き明かした時、島には幸福が齎されるのです。

とにかく秘宝を集め、色々な世界に飛び込むのが面白いゲームです。


可愛いディズニーキャラをスワイプする

ディズニーのキャラクターの可愛いゲームがプレイしたくってインストールしたのがディズニー ツムツムです。スワイプしてつなげて消すという至って簡単なアクションのゲームですが、なんともプレイしだすと奥の深さを感じますね。LINEゲームは他にもプレイしていますが、同じLINEに登録している友達同士でランキングを見ることができますので、友達との話題にも上がったりします。
ツムツムはキャラクターの可愛いさからグッズも販売されていますね。先日手芸店へ行ったらツムツム柄の可愛い生地が売っていたので思わず購入してしまいました。今子どもが喜んで学校に持って行っています。子どもたちもこのディズニー ツムツムが大好きで、プレイしているとこの軽快な音楽ですぐにばれてしまいます。取り合いして遊んでしまうので困ったものですね。
プレイするとディズニーキャラのデフォルメされた丸い顔がぷにぷにと画面の中で揺れています。指でスワイプしてつなげていくと消えてまた上からツムが落ちてきます。とってもシンプルな操作なので空き時間に遊ぶにはぴったりです。そのぷにっとしたフォルムがなんともいえない可愛いらしさですね。
ハートが5つしかありませんので連続でプレイしたとしても5回までしかプレイできません。熱中しすぎると目が疲れてしまうのでちょうどいいくらいです。
プレイするごとにコインが貯まっていき、そのコインで新しいツムのBOXを購入することができます。期間限定のツムを狙ってBOXを購入しますが、なかなか手に入らなくてつい課金したくなっちゃいますね。貰ったツムはプレイするごとに経験値が貯まってレベルアップしていきます。強いツムを手に入れればゲームを有利に進めることが出来て高得点も出せるのでツム集めはどんどんヒートアップしてしまいますね。
単に同じようなゲームをプレイするだけではここまでやりこむことはないのではないでしょうか。ツムを集めてレベルアップして、そうすることで自分のレベルもアップして高得点を出す、このシステムがみんながディズニー ツムツムに熱中してしまう理由のひとつになっていますね。。実はツムツムルビー スクラッチキャンペーンでルビーを無料で大量にゲットする事もできるようですが今のところ試してないです。しかしもし本当にルビーが大量にゲットできたらハートに困ることないのでずっとゲームしちゃいそうでちょっと怖いですね(笑)


入浴しながら楽しむスマートフォンゲームのよさ

ハイスペックなスマートフォンがほしいといつも思っていました。
現在持っている古い型落ちのスマートフォンでは、ゲームをしていると固まってしまうんですよね。
最初はいい感じに動いていても激しい動きになると固まったり、遅くなるので、とてもストレスだったのです。
ただ、最新のスマートフォンといってもパソコンよりもある意味高価なものなので、購入するにしてもお金が必要です。
分割で購入する形になっても自分の趣味として楽しめるのだから、と考えて、結局買ってしまいました。
どうせなら話題のスマートフォンがいいだろうと考えてみたものの、お風呂の中でも使用したかったので防水タイプにしました。
防水といってもお湯の中に入れるわけではないので大丈夫です。
その分価格は高くなるかもしれませんが、安心料と思えば安いものかもしれません。
こうして防水タイプのスマートフォンを購入して以来、スマートフォンのゲームをお風呂でプレイしています。
お風呂でアクションゲームをやるなんてなんて幸せなんでしょうか。最近だとブリーチのゲーム『ブレソル』をやってます。ブレソル ガチャ 増殖の方法をしってからはお風呂がさらに長くなりました(笑)
ゆっくりと長湯をしながらゲームで遊べるのは女性ならではかもしれません。
汗を出すことで美容と健康のためにもなるし、ゲームも捗るしで一石二鳥です。
うまくいけば体重も少しぐらいは減ってくれればと計画中ですが、果たしてどうなることやらわかりません。
たまにはインターネットをすることもありますが、基本的にはゲームを楽しんでいます。
今までストレスを感じていただけに好きなように遊べるハイスペックな端末にはとても魅力を感じているのでした。
多分2年ぐらいは機種変更もせずに使う予定ですが、またいいものが出れば購入してしまうでしょう。
1度入浴をしながらゲームの楽しさを知ってしまったので、きっととことん突き詰めていくと思っています。
家族も一緒に住んでいないので長風呂をしても誰も文句をいわないので助かっています。
実家に住んでいた時にはできなかった社会人ならではの楽しみを満喫しつつ、ゲームの攻略にも力を入れている秋の空なのでした。


反抗期の息子との会話の糸口となるものとは

我が家には中学生の息子がいます。
中学生になると反抗期がひどいよと先輩ママから聞いていたので戦々恐々としていたのですが、中学校に入学しても多少反抗する面はあるものの、私が想像していたような大きなものではありませんでした。

でも、徐々にではありますが反抗期特有の言葉遣いや雰囲気が漂い始めてきました。
例えば話しかけてもほとんど何も答えなかったり、自室にこもることが多くなったり、イライラした態度を隠すことなく私たちにぶつけてくるようになりました。

中学生になりスマートフォンを持つようになったのですが、ほとんど手放さず、たまにリビングのソファでのんびりしていると思うと、大体スマートフォンのゲームを楽しんでいる始末です。

そういえば私も昔はゲームが好きだったな。そんな記憶がふと蘇りました。
私もスマートフォンを使用しているのですが、それほど使いこなしているというわけではなく、実用的なアプリしかダウンロードしていません。
子どもとの共通の趣味のようなものを持てば、会話を続けるきっかけになるのではないかと思い、子どもがダウンロードしているゲームアプリをダウンロードしてみることにしました。

やり始めると、子どもが夢中になるということがわかりました。大人の私も時間を忘れて没頭してしまうことがあるくらい楽しいんです。
子どもとの会話のきっかけとして始めたスマートフォンのゲームですが、すっかり私がハマってしまったというわけです。

でも、息子の態度が変わったんです。
私はリビングで黙々とゲームをしていることが多いのですが、そんな私のそばに近寄りアドバイスをしてきたりするんです。
息子の方が格段にレベルが上だし知識も豊富なので、このチーム編成では勝てないなどと言ってチーム編成もしてくれるのですが、確かに息子の作ってくれたチームの活躍ぶりはすごいんです。

スマートフォンのゲームアプリという些細なことがきっかけですが、反抗期の息子との会話の糸口となり、反抗期ながらも会話も増えたように思います。


つい夜更かししてしまう原因はコレ

最近朝起きた時に睡魔が強くてたまりません。しっかりと睡眠をとったはずなんですがね。眠いんですよ。なんで最近急に寝つきや寝起きが悪くなったのかなって考えてみました。するとある事がひっかかりました。
それはスマートフォンのゲームにハマってしまい、気づいたら数時間以上スマホに向かっているという事です。私がゲームにハマるなんて思っても居なかったのですが。一度ハマるとしばらくそればかりに熱中してしまうという性分ですので、スマホゲームもそんな感じで無意識にのめり込んでいるのかもしれません。
スマホゲームをするとつい夜更かししちゃうのって、体のしくみ的にも説明がつくようです。どうやらスマホの画面から出るブルーライトが脳を刺激して、眠くなりにくくしているようなんですよね。
そういえば読書にハマっていた時は、気づいたら寝てしまって朝になっていた時が何度もありました。あれは本だったから、眠気が来ると自然にそのまま寝付く事が出来たのでしょうね。本からはブルーライトは出ませんし。もしスマホから出るブルーライトが眠り辛くなるという作用が無ければ、本来であればゲームの途中でそのまま寝てしまうという現象が起きるのかもしれませんね。
最初から最後まで無料で楽しめるゲームも多くて、私もついつい色々なゲームをダウンロードして楽しんでいました。ですが睡眠の質を考えると、夜寝る直前のゲームよりも朝早起きしてその時間にプレイした方がいいのかなと思います。仕事の前にスマホをいじると遅刻しないかなって心配ではありますが。そこはタイマーをセットして遅刻をしないように注意するようにします。
次の日仕事が休みという日に限っては、夜更かししてもいいかなとは思っています。休みの前日も含めて楽しい休日というイメージですからね。
子供の頃は夜更かしして朝どんなに眠くても、朝ご飯を食べたら頭が冴えたのですが。学校に着くと朝あれだけ眠たかったのが嘘だったかのようでした。子供の時は夜更かししても元気だったけれど、大人になるとしっかりと夜は寝ないと体が持ちませんね。
スマホゲームと上手く付き合って、睡眠の質を高めていきたいと思います。


SNSのつながりから教えてもらったゲーム

私は毎日のようにSNSを活用しています。SNSの良いところは、他のユーザーとの交流にあると考えているのですが、それに加えてゲームや映画、音楽といった最新のエンターテインメント情報をいち早くシェアできる部分にも私は常々すこぶる魅力を感じています。
先日も、とあるSNSで以前から交流のあるネット上の友人から、新作のスマホゲームについての情報を教えてもらいました。その友人はそもそもスマートフォンのアプリ開発を職業にしている人物で、仕事柄この手のネタの入手は一般人である私たちよりもかなり早いらしく、情報解禁日になるといつもオススメをSNS上のコメントなりメッセージなりを使って仲間たちに発信してくれるのです。
今回も前々からずっと気になっていたスマートフォンのゲームの新作リリースについての詳細が伝えられました。友人いわく、これは大当たりだから必ずダウンロードするようにとのことでした。この友人がこういう表現をする時は、間違いなく面白いゲームであった時だけです。自らもアプリ開発に携わっているからか、つまらないものに対しては非常に厳しく、はっきりとスルーした方がいいと言ってくれます。
なので、このゲームに関してはリリースされたその当日に、しっかりとダウンロードとインストールを行い、すぐさま試しに一度プレイしてみました。こんな時、本当にスマホは重宝するなと感じます。ハード機を使うソフトの場合、たとえ入手したとしても、当然自宅に帰るまで実質的にゲームをプレイすることができませんから、気ばかりが逸ってしまいます。しかし、スマートフォンならばそれこそ帰りの電車の中でも、他の乗客の負担にならないようにマナーさえ順守すれば普通にプレイすることが叶います。
早速遊んでみて抱いた感想は、とんでもなく面白いという賛辞でした。やはりあの友人の審美眼は確かです。帰宅後も結構な時間に渡ってプレイしてしまいましたが、一向に飽きません。しばらくはこのゲーム三昧の毎日が送れそうです。


1 2 3